二十才代と三十才代の隔たりを受け入れた行く末

もうすぐ20代とお別れすると言う切羽詰まった感覚はどんな人にもくることです。何気に想像していた三十才の障壁がぼーっとしていると訪れて、お嫁入りという文字が頭に有り自分に精神的重圧となって押し寄せたりします。涙が溢れるほど悲しいでき事なんかもありました。けれど、快適で花花しくて文句のない20代でした。などと考えられないとこの後に進んで行けないから未練や悔恨の念は20歳台最後の日を迎えるまでに棄て去ってください。二十歳代にお礼を言って、はっきり決別し貴方自身の新しいドアを開く心構えをしましょう。愉しいのみではいられないと言うのは少し女として物足りない気持ちかもしれないです。でも、それこそが前進というものなのでありこれから先は大変な選抜もする場合がやって来るのかもしれないです。彼との関係についての考え方も20歳台までと変容し今後貴方の見聞がこれから先の彼氏との関係に対する考え方となっていくわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です