ワンちゃんレーン
ワンちゃんレーン
ホーム > 愛犬 > うちの愛犬はお手が出来ません

うちの愛犬はお手が出来ません

うちの愛犬お手が出来ないんです。

何回も教えても上手くいかないので、最近は諦め気味です。でも考えてみればお手ができなくても何も困ることはありません。

犬が生きていくために必要な動作ではありません。

 

むしろ、お手を教ええることは、芸を覚えさせることになりますね。芸が出来なくても日常生活で特に困ることはない筈。

私と同じように、もし飼い主さんが「みんな出来るのにうちの子はできなくて恥ずかしい

」という理由で悩んでいるようなら、そんな気持ちは捨ててしまったほうが良いですよ。

もちろん、出来ると「おりこう!」などど言ってもらえるかもしれませんが、それで一番満足するのは犬よりも飼い主さんなのではいでしょうか。

なかには、芸をしてご褒美をもらうのが好きな子や、おやつをもらえるとわかったら喜んでやる子もいます。

そういう愛犬であれば遊びとしてやるのもいいかもしれませんが、しかし出来ないからといって悩んだり、無理に教えたりする必要はないと思います。

本当にダメなのは、むしろしっかり教えられていない飼い主さんのほうかもしれません。

例えば、ご褒美をちゃんと用意していますか?

ダメ犬ではなく、自分に得がないことはしない賢いワンちゃんかもしれませんよ!

 

どんな指示にも従い飼っている人が困ることは一切しない犬なら、都合が良いかもしれませんが、果たしてワンちゃんにとって幸せでしょか。

とは言え、時には犬の気持ちに反してでも飼い主さんが責任を持って管理すべき時もあります。

例えば可哀そうだからと犬をハウスに入れずに外出したとします。

すると、ゴミ箱をあさって食べてはいけないものを食べて、危険な状態になってしまうこともあるわけです。

ハウスにいれておくことが、愛犬を守ることにもなるのです。

人と犬が安全に暮らす為に必要なことは教え、迷惑や危険にならない行動は受け入れてあげるのが良いかもしれませんね。

犬のしつけ革命